ネーミング造語と商品イメージ

ネーミングのコツ

センスは必要か?

ネーミングという言葉を聞けば、センスとくっ付けて使われるほど、ネーミングとはセンスがあるかどうかを問われるものだと考えている人は多くいるようです。

それを証拠に、ネーミングセンスがあるから又はないからという理由付けをする人がなんと多いことかと思われますが、果たして本当にネーミングという作業を行うにはセンスが必要なのでしょうか?

何かに名前を付けるという作業は確かにとても重大な責任を負うことがありますが、ぬいぐるみやペットに名前を付ける時も、これから売り出す商品に名前を付ける時もその手順には実はあまり違いはありません。

ぬいぐるみやペットに名付けをする時には、その対象となる物をよく見て、耳が長いウサギならミミちゃんとか、よくご飯を食べる犬ならパクくんなどといったネーミングになることが多いと思われます。

そしていざ商品にネーミングしようと考えると、途端に難しく考えてしまう人が多いのですが、商品へのネーミングでも、対象となる商品をしっかりと観察して、それに応じたネーミングをすることが最善の方法だと考えられています。

ネーミングはセンスを働かせるだけではなく、実際に存在している商品を説明する言葉、印象付ける言葉を選択することがポイントで、自分ならその商品をどのように人に勧めたいかという視点からネーミングを考えてみると良いでしょう。

商品のネーミングでは、実際にはあり得ない言葉や逆さ言葉、並び替えた言葉なども候補の範囲となりますので、そのように範囲を広げて考えることが難しいと思う場合、まずは造語から離れて、普段使っている言葉で商品を表現してみるのです。

これならネーミングは決して難しくはなく、センスで行うものではないと考えられますが、作り慣れているほうが良いネーミングを思い付きやすく、有利かもしれません。

それなら、普段から身の周りにある品物にネーミングを行う練習をしてみると、コツを掴みやすくなってくるかもしれません。

ネーミング造語と商品区切り線

ネーミング造語と商品は、ネーミングについて解説しています。

ネーミング造語と商品Pick!:ネーミング開発まで

商品名や企業名のネーミングを考える時、現在既に世の中に周知されている言葉を使ってそれを名称とするのではなく、独自の言葉を作ってみようとすることがあります。 それには幾つか理由がありますが、まずは既に商・・・・

ページの先頭へ戻る