ネーミング造語と商品イメージ

ユーモア交じりのネーミング

変化の付け方次第

造語でネーミングを考える方法には、正統派的な方法以外にも、ユニークな方法が数多くありますので、ネーミングを考えている社名や商品名に合えば、そのような面白いネーミング方法で考えてみることを検討するのも良い方法です。

造語の方法が数多くありますので、1つの言葉からどのように変化させることができるかは、アイディア次第ということになりますが、その結果たくさんの候補が出てくることになれば、それはまた面白いものです。

元の言葉の意味をあまり崩したくない場合には、言葉の中の1文字だけを変化させてみる、または語尾だけを変化させてみるなどといった方法があり、これなら元の言葉を大きく変えなくても、工夫して造語が作り出せることになります。

明らかな日本語のネーミングでも、それをローマ字表記にしてみたり、カタカナ表記にしてみたりすることで、元々の言葉が持っていた印象が大きく変わり、造語へのヒントが閃くことがあると思います。

元の言葉の意味とは違った意味を持つ言葉になっても良い場合には、思い切って文字をバラバラにして並び替えてしまったり、読み方や全体のバランスなどに重点を置いてみたりすることも1つの方法です。

1つの言葉にどのような変化を付けると良いかということについては、練習用の言葉を1つ挙げてみて、その言葉の頭部分や語尾部分を変化させてみたり、並び替えてみたりすることで練習することができます。

これにより、同じ言葉を元にしていても、変化のさせ方の違いで大きく言葉のイメージを変えることができるということが理解できるのではないでしょうか。

ただし、ユーモアのセンスが光る面白いネーミングでも、それが言いにくい言葉であったり、商品の分野にそぐわない名称になっていたりしないかということには気を付けて、よく吟味することが必要です。

その点をクリアしていれば、ユニークでインパクトが強いネーミングほど、独自性が強い造語となりますので、商品名となれば、消費者にとって印象付けることができることが期待でき、企業名となれば、親しみを持ってもらえるものになるかもしれません。

ネーミング造語と商品区切り線

ネーミング造語と商品は、ネーミングについて解説しています。

ネーミング造語と商品Pick!:ネーミング開発まで

商品名や企業名のネーミングを考える時、現在既に世の中に周知されている言葉を使ってそれを名称とするのではなく、独自の言葉を作ってみようとすることがあります。 それには幾つか理由がありますが、まずは既に商・・・・

ページの先頭へ戻る