ネーミング造語と商品イメージ

ユーモア交じりのネーミング

アナグラム的

ネーミングは、それを考える時だけではなく、付けた後もその由来を聞かれる機会があると思われます。

そのような時、こだわりを持って付けたネーミングなら特に聞かれなくても由来を話したいと思うかもしれませんし、ユニークな意味を持たせているネーミングなら遊び心があるとして好印象になるかもしれません。

アナグラムは、何か意味を持っている言葉の文字を並び替えることで別の造語を作り出すことですが、このネーミング方法では、元の言葉からは想像が付かないような造語が生まれる可能性もあります。

アナグラムでの造語は、とてもユニークですが、一見してそれを感じさせないさりげなさも持ち合わせているところが魅力でもあります。

その言葉を反対から読んだ時や、文字を並び替えた時に、別の意味がある言葉が出来上がった時には、その言葉そのものをアナグラムと呼ぶことができます。

長い言葉なら、文字をいろいろと入れ替えて工夫しながら並び替えていくことで、ユニークな造語が出来上がる可能性がより高くなります。

また、偶然にも反対から読んだだけで別の意味がある言葉に読み取れる時に、関連性がある言葉であれば、これを利用しない手はありません。

とても簡単な例ですが、「ビール」を並び替えれば、「ルビー」となり、アナグラムとして応用することができそうです。

どちらかと言えば、英語では、元の意味とアナグラム造語で関連付けすることが出来る言葉を作りやすく、日本語ではそれがやや難しくなります。

その言葉に同じ文字が多く含まれているなら、その文字の利用方法を考えたり、濁音や半濁音などの扱い方に気を付けたりすると、アナグラムを作りやすくなります。

長い言葉になるほど、組み合わせてアナグラムにすることが出来る言葉の候補が多くなることになりますので、それらの言葉の中から元の言葉に関連付け可能となるように、多少無理な読ませ方をすることも許容範囲とされている部分があります。

ネーミング造語と商品区切り線

ネーミング造語と商品は、ネーミングについて解説しています。

ネーミング造語と商品Pick!:言葉を変化させる

造語でネーミングを作る時には、必ずしも言葉を2つ以上組み合わせたり、削除したりしなければならないというルールがあるわけではなく、言葉は1つでもそこから造語を生み出すことが可能です。 2つ以上の言葉がな・・・・

ページの先頭へ戻る