ネーミング造語と商品イメージ

ネーミング造語の方法

ネーミング開発まで

商品名や企業名のネーミングを考える時、現在既に世の中に周知されている言葉を使ってそれを名称とするのではなく、独自の言葉を作ってみようとすることがあります。

それには幾つか理由がありますが、まずは既に商標登録されている言葉の場合には、その言葉を使って商品名や企業名とすることができない場合があるからです。

他には、今までにはないもっとインパクトがある言葉を作りたいとか、より意味を持たせた言葉にしたいという希望があるからという理由があります。

造語を生み出すということは、選択する言葉の組み合わせが決め手となることがあり、少しの工夫や発想の転換、一瞬の閃きなどから完成した言葉も多くあります。

長時間かけて一生懸命考えてもなかなか響きの良いネーミングが作れないこともあれば、短時間で傑作なネーミングが出来上がることもあります。

特にビジネスにおいては、将来を左右するかもしれない緊張感と楽しみがあるのが、造語によるネーミングの魅力なのです。

ネーミング作業に取りかかる時には、商品に関する情報を集め、同じ分野の商品にはどのような名称が付いているのかを調べます。

集めた情報などを表にまとめておくと、調べたことが一目で分かるだけではなく、仕様も確認でき、ネーミング作業がスムーズに進みます。

それから、実際にネーミングの元となる言葉をピックアップしていきますが、名詞や形容詞などを始め、商品に関連する言葉を幅広く候補に挙げていくことがポイントです。

徐々に具体的な言葉に近付けていき、言葉を違う言い方にしてみたり、表記方法を変えてみたりして変化を付けてみます。

それらの言葉にさまざまな造語方法を試してみて、言葉を変化させてしっくりとくるものを探してみます。

この過程で一度はボツとなった造語でも、再び見直されることがありますので、挙げた候補は記録としてしっかりと残しておくことが重要です。

最終的には、出来上がった造語の読みや意味、印象などを多くの人に確認してもらい、商標として類似する言葉がなければ、晴れて商標として登録することが可能になります。

ネーミング造語と商品区切り線

ネーミング造語と商品は、ネーミングについて解説しています。

ネーミング造語と商品Pick!:短縮して分かりやすく

2つ以上の言葉を単純に組み合わせると、出来上がった造語が長過ぎるとか、語感があまり良くないという場合には、結合させた造語を削りながら、程良い長さでありながら、語感の良い言葉になるように調整していきます・・・・

ページの先頭へ戻る