ネーミング造語と商品イメージ

ネーミング造語の方法

言葉を変化させる

造語でネーミングを作る時には、必ずしも言葉を2つ以上組み合わせたり、削除したりしなければならないというルールがあるわけではなく、言葉は1つでもそこから造語を生み出すことが可能です。

2つ以上の言葉がないと、造語を作り出すことは難しいと感じるかもしれませんが、そのようなことはなく、1つの言葉からネーミングされて出来た造語は世の中に多くあるものです。

それは、1つの言葉の見方を少し工夫させることであり、その言葉が持っている元々の読み方とは違う読み方をわざとしてみたり、単語を一部だけ入れ替えてみたりすることで、新しい造語を作ることが実現できます。

言葉を変化させる方法で造語を作る時には、ネーミングしたい分野に合わせた言葉を選択することが必要で、その程度は、そのままでも充分に企業や商品を説明できるというくらいであることが望ましいです。

そのままでも使えそうな言葉をわざわざ変化させて造語にするということは、元々の言葉のままでは印象が薄いか、文字数が多くて発音し辛い、または語感が良くないという理由があるということになります。

ですから、言葉を変化させて造語を作る時には、元々の言葉よりも優れていて、インパクトの強い言葉になることを目指さなくてはなりません。

ただし、力を入れてしまい、言葉の変化が強過ぎるものになると、元々の言葉が分からなくなってしまいますので、元の言葉の意味はきちんと残しておきながら、程良い変化を加えるというところがポイントとなります。

選ぶ言葉は1種類ですが、変化させないといけないからといって、必ずしも長い言葉を選択しなければならないということはなく、短めの言葉でも充分にインパクトのある言葉への造語が可能です。

言葉を変化させて造語を作る時のポイントは、語尾の言い回しを少し変化させてみたり、英単語であればその綴りの1文字だけを別の文字に入れ替えてみたりするということになります。

ほんのわずかな言葉の変化を加えるだけで、意外と簡単にインパクトがある造語が作り出せることがあるものです。

ネーミング造語と商品区切り線

ネーミング造語と商品は、ネーミングについて解説しています。

ネーミング造語と商品Pick!:言葉の結合効果

造語でネーミングを考える場合、思い付きやすく、何通りもの候補がすぐに考えられる方法と言えば、言葉を組み合わせて足していく方法ではないでしょうか。 言葉を結合させるには、必ずしも同じ分野や似たような意味・・・・

ページの先頭へ戻る