ネーミング造語と商品イメージ

ヒットを予感させる為に

ヒットするネーミングまで

商品名のネーミングを考える時、どのような企業でも必ずネーミング専門部署というものが設けられているわけではなく、その商品を開発したり、企画したりした部署がネーミングの選考も行うということが多いようです。

企業内部でネーミングを考える方が、商品についての知識が充分にあり、また愛着も持っているように思えますが、調査を行うマーケティング会社や、キャッチコピーなどを作成する別企業にネーミング作成を依頼するということも多いようです。

食品会社では、一般公募でネーミングが決定されることもあるようですから、機会があればぜひ挑戦してみたいものです。

商品のネーミングには企業の色がはっきりと表れるものですので、企業によってより良いネーミングの方法は違っていることもあります。

まずは、その商品へのネーミングの必要性を考えるところから始まり、親しまれるもの、機能性を訴えるもの、格好良さなどのネーミングの方向性を決めます。

ネーミングの候補を幾つか挙げていく過程では、日本語だけでも漢字や平仮名、片仮名などの種類があり、英語も加えると1つの言葉でも何パターンかの造語が出来上がります。

英語には大文字と小文字がありますし、漢字と英語を混ぜるなどといった表記にするなど、その組み合わせは何通りにもなります。

現在ヒットしている商品や活躍している企業にはたくさんの造語によるネーミングが付いていますが、何か1つのネーミングを考える時、その候補として少なくとも50個程度、多ければ300個や400個のネーミングが候補として考え出されているそうですから、驚きます。

採用されて現在は当たり前のように呼ばれているネーミングの裏には、ボツになったネーミングが数百個もあるということになりますが、多くの企業ではそれらを公表していないそうです。

また、一度は決まった商品名を付けて売り出していても、売れ行きアップを狙って再考した新しいネーミングを付けると、同じ商品なのに、嘘のように売り上げが上がったという話もあるのです。

ネーミング造語と商品区切り線

ネーミング造語と商品は、ネーミングについて解説しています。

ネーミング造語と商品Pick!:言葉を変化させる

造語でネーミングを作る時には、必ずしも言葉を2つ以上組み合わせたり、削除したりしなければならないというルールがあるわけではなく、言葉は1つでもそこから造語を生み出すことが可能です。 2つ以上の言葉がな・・・・

ページの先頭へ戻る